一途な心を貫く女の花デージー、とリング体験

一途な心を貫く女の花デージー、とリング体験

デージー、シンボルは太陽、やさしさ、霊感。和名は雛菊(ヒナギク)、別名「長命菊」「延命菊」とも。

 

愛らしい姿をした木の精霊ベリデス。ある春の日、恋人エフギューと森の中で楽しく踊っていると果樹の神ウェルトムヌスが通りかかり見初められる。それから毎日追いかけられて疲れ果てたベリデスは、貞操の女神アルテミス(ディアナ)に「私をお守りください」と救いを求める。かわいそうに思った女神はベリデスを小さな花の姿に変えかくまってやった。それがデージー。

 

古代エジプト最古のタイルには黄色地に白のデージーの象眼が施されている。その他、古代ケルト伝説、民間伝承など多く伝わっている。昔は「恋の尺度measure of love」と呼ばれて、「好き、きらい」と花びらを1枚ずつ引きながら唱える。花びらは奇数なので「好き」から始めれば必ず「好き」に終わる。この遊びデージーに特定せずとも、誰しも一度はやったことがあるでしょう。(出典「花のシンボル事典」杉原梨江子著、説話社より)

 

 

子供のころはそんな知識もなくただ、遊び笑い転げ戯れに終わる。思春期ともなるとこれは必死、すべて相手の思いを知りうべく、花占いに頼り、気づいたら咲き誇っていた周り中すべての花びらをむしりとってしまっていた。とか…。イヤー恋は盲目、残酷、まっしぐら。当人にとってはいい結論しか許されないもがき、あがきだけど。乗り越えていくしかないですね。「好き」と出るよう応援しています。

 

 

 

【体験風景】今般は、カップルさんが訪れてくれました。出来上がった作品は、グリーンベースのリング。曇り空でしたけど、春の陽ざしには微妙に反応してくれ輝きは独特なものがありました。よき想い出になればと願っています。ご来店誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

関連記事

TEWOFURU ~テヲフル~|「それは始まりの合図だ」

嬉野ペン工房TEWOFURU 〜テヲフル〜|ウッドジュエリー

TEWOFURUでは、1300年ジュエリー文化がなかった日本美を尊ぶ一方で、『違いは美しさを育み、未来の扉を開く』という信念の下、企業の理念として『本格本物をもっと身近に』したい、また、個々の美しさを生みだせたら、という願いがあります。ことに長い歴史と文化によって育まれてきた日本女性が持つ固有かつ特有の美しさに注目し、様々な観点から個々の魅力を惹きだす挑戦を続けて参ります。直近では、wood jewelry分野に参入、その一助となるべく商品開発に力を注いでいます。「気品を重ねて美しくなる」が底流に流れる大きなコンセプトでもあります。

屋号 TEWOFURU
住所 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲4719-2
電話番号 070-8432-4343
営業時間 平日11時~17時
代表者名 山口 進一郎
E-mail info@tewofuru.com

嬉野ペン工房TEWOFURU 〜テヲフル〜|ウッドジュエリー TEWOFURUでは、ファッション・スポーツ・健康、全てのジャンルでジュエリーを楽しんで頂けるよう、フォーマルシーンやリゾートシーンにぴったりのハイクラスのアイテムから、キャラクターものや西陣織を使った、カジュアルに使えるファッションジュエリーまで、個性と魅力に溢れる幅広いラインナップのジュエリーを取り揃えております。

〒843-0303
佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁5189-1(ショップ&工房)

070-8432-4343

0954-27-7582

平日12時~17時 定休日(月・火・不定期)

MAPを見る
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。