沙羅ちゃんの涙、尊く深く美しく、そして木蘭の涙

沙羅ちゃんの涙、尊く深く美しく、そして木蘭の涙

オリンピックの女神は残酷。しかしすべては、美しく染渡る。何も語れません。

中国の高貴な花として、「崇敬」を表し、香ぐわしき春を告げるとされる木蘭、気高さや「高潔な魂」を象徴とされる花。永遠に残る名曲だと思う日本の詩に「木蘭の涙」(byスターダストレビュー)というのがある。シチュエーションが違っても涙の尊さが重なります。

少しせつないけど、美しい日本語の表現の数々。一節を拾い出してみましょう。

 

いとしさの花籠
抱えては微笑んだ
あなたをみつめてた
遠い春の日々

 

やさしさを紡いで
織りあげた恋の羽
緑の風が吹く
丘に寄りそって

 

中略

 

木蘭のつぼみが
開くのを見るたびに
あふれだす涙は
夢のあとさきに

 

いつまでも
いつまでも

 

名曲とともに、とわに残る高飛行、きっといつの時代も人の心を揺り動かす。季節は春、つぼみでもいい、探してみよう木蘭をみるにつけ思い出そう。感動をありがとう。

 

 

神様が織りなす人それぞれの人生。ほんの少しの時間でしかありませんが、切り取り楽しく共有できたらと思います。今回は、かつては島でお務めでいらした経験の持ち主。時代の波に押され、仕事を変えざるを得ない状況に。久しぶりの旋盤操作で喜んで下さいました。いぶし銀ファクトリーワーカーのカッコイイ仕上げとなりました。今般は誠にありがとうございました。

関連記事

TEWOFURU ~テヲフル~|「それは始まりの合図だ」

嬉野ペン工房TEWOFURU 〜テヲフル〜|ウッドジュエリー

TEWOFURUでは、1300年ジュエリー文化がなかった日本美を尊ぶ一方で、『違いは美しさを育み、未来の扉を開く』という信念の下、企業の理念として『本格本物をもっと身近に』したい、また、個々の美しさを生みだせたら、という願いがあります。ことに長い歴史と文化によって育まれてきた日本女性が持つ固有かつ特有の美しさに注目し、様々な観点から個々の魅力を惹きだす挑戦を続けて参ります。直近では、wood jewelry分野に参入、その一助となるべく商品開発に力を注いでいます。「気品を重ねて美しくなる」が底流に流れる大きなコンセプトでもあります。

屋号 TEWOFURU
住所 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲4719-2
電話番号 070-8432-4343
営業時間 平日11時~17時
代表者名 山口 進一郎
E-mail info@tewofuru.com

嬉野ペン工房TEWOFURU 〜テヲフル〜|ウッドジュエリー TEWOFURUでは、ファッション・スポーツ・健康、全てのジャンルでジュエリーを楽しんで頂けるよう、フォーマルシーンやリゾートシーンにぴったりのハイクラスのアイテムから、キャラクターものや西陣織を使った、カジュアルに使えるファッションジュエリーまで、個性と魅力に溢れる幅広いラインナップのジュエリーを取り揃えております。

〒843-0303
佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁5189-1(ショップ&工房)

070-8432-4343

0954-27-7582

平日12時~17時 定休日(月・火・不定期)

MAPを見る
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。