アコヤ貝と漆の艶、輝き。

アコヤ貝と漆の艶、輝き。

 

何本も並行しながら走らせるに無理があるのは承知で、アコヤ貝アラウンドの進捗状況。アコヤ貝を完全に磨き上げて、漆の技術で試行錯誤。今、追い求めているブルーが現れたり、微妙だったり。貝殻表面に表現しがたい見事なブルーが現れてスマホでシャッター切りましたけど、残念!とらえきれていません。不思議な光沢を放つのですね。光、太陽光の関係で本当に見え方が変わる神秘的なアコヤ貝です。しかし出会えた喜びが大きく、本邦初公開です。

上部に水色のように見える部分が、大変に非常にきれいな深いブルーに肉眼では見えたんですが、写真だと・・・・・こんな感じ。

 

 

 

ではと、違う角度から撮影しましたけど、色が写せません。自然光の下で撮りましたが、難しいです。しかし時間はかかってしまいましたが、余り目にすることがないシェルアクセサリー、ブローチ、ペンダントトップ、リング、万年筆ボールペン素材、につなげられるかと期待したいものです。シルバー作家さんに既に依頼をし、まずはアクセサリーから製品化するつもりです。

 

 

パール養殖場からいただいてきたもの、今年浜上げされた廃棄母貝を活用しました。

 

一粒の美しいパールを生み出すために懸命に戦う母貝。外側は海藻やフジツボに覆われたりしてきれいなものではありませんが、内部は美しく確かにパールを育てあげた片鱗を感じさせるものです。人の手によってどこまで輝かせることができるか挑戦です。何層にも渡る層を「割れ」におびえながら今は勇気と感によって、研磨を推し進めています。市販の貝シートとはまた違った世界観を演出させるべくトライし続けます。ものづくり大先輩がおっしゃっていました「油断大敵」。防塵マスク、防護メガネは必須です。できるだけ早く商品化してみたいです。

 

 

 

 

 

関連記事

TEWOFURU ~テヲフル~|「それは始まりの合図だ」

嬉野ペン工房TEWOFURU 〜テヲフル〜|ウッドジュエリー

TEWOFURUでは、1300年ジュエリー文化がなかった日本美を尊ぶ一方で、『違いは美しさを育み、未来の扉を開く』という信念の下、企業の理念として『本格本物をもっと身近に』したい、また、個々の美しさを生みだせたら、という願いがあります。ことに長い歴史と文化によって育まれてきた日本女性が持つ固有かつ特有の美しさに注目し、様々な観点から個々の魅力を惹きだす挑戦を続けて参ります。直近では、wood jewelry分野に参入、その一助となるべく商品開発に力を注いでいます。「気品を重ねて美しくなる」が底流に流れる大きなコンセプトでもあります。

屋号 TEWOFURU
住所 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲4719-2
電話番号 070-8432-4343
営業時間 平日11時~17時
代表者名 山口 進一郎
E-mail info@tewofuru.com

嬉野ペン工房TEWOFURU 〜テヲフル〜|ウッドジュエリー TEWOFURUでは、ファッション・スポーツ・健康、全てのジャンルでジュエリーを楽しんで頂けるよう、フォーマルシーンやリゾートシーンにぴったりのハイクラスのアイテムから、キャラクターものや西陣織を使った、カジュアルに使えるファッションジュエリーまで、個性と魅力に溢れる幅広いラインナップのジュエリーを取り揃えております。

〒843-0303
佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁5189-1(ショップ&工房)

070-8432-4343

0954-27-7582

平日12時~17時 定休日(月・火・不定期)

MAPを見る
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。