素敵な真珠のお話をしていこう3!

素敵な真珠のお話をしていこう3!

「何で神戸が真珠の街?」

 

神戸にいかれた方はご存知でしょうが、街の中心が「三宮」、その北方向にはなだらかな小高い丘が、続いています。南を向けば、遠く神戸の港が見晴らせるような地形であります。異国情緒あふれる、街並みでございます。このエリア北野といい、大きな観光スポットとして有名ですね。

さかのぼること江戸末期ペリーのお話。日本に開港を迫り、最後のお約束が、ここ神戸。横浜、新潟、長崎、函館と違い一つ居留地として特徴があって、「壁がなかった」といいます。外国人が住む場所を壁で隔てるということがなかった。当時は日本の夜明け、明治の幕開け外国人所得格差は200倍という時代。5万円持っていれば、1000万円価値のものが、外国人には手にできた、こんなイメージ。そんな外国人が、いきなりご近所にすまい、自由闊達に行き交わったのでしょう。

ある時、伊勢(真珠養殖の産地)の業者が、横浜に真珠を売りに行ったそうですが、居留地の壁に阻まれて売れなかった、その時「神戸に行きなさい」と言われ実際に船から降りた外国人に販売してみると、高値で売れたそうです。ここから、北野の街に家、小屋を建て、丘から港を望遠鏡で監視、外国船舶が神戸港につくと一斉に丘を駆け下りて、真珠を売りに行ったそうでございます。その数44件。ここから神戸と真珠との関わり、発展が始まっていくのでありました。

 

一方で、この北野という土地、明治政府の意向で日本最初にオリーブが植えられた地域でもあります。酸性土壌、戦争など様々な要因で消失してしまったのですが、真珠発展の為、身を犠牲にしてこの地を譲ったのではないかとも言われるらしいです。こんなエピソードを知ると、けなげなオリーブにも美しい神秘的な魅力を感じてしまいます。

 

真珠とオリーブと、油絵に載せられるような光景が目に浮かぶよう。

 

この日本最初のオリーブの木が、JR神戸駅北側、湊川神社に唯一の一本が残されているそうです。永く見守ってもらいたいものです。

 

 

関連記事

TEWOFURU ~テヲフル~|「それは始まりの合図だ」

TEWOFURU 〜テヲフル〜|ファッションジュエリー

TEWOFURUでは、1300年ジュエリー文化がなかった日本美を尊ぶ一方で、『違いは美しさを育み、未来の扉を開く』という信念の下、企業の理念として『本格本物をもっと身近に』したい、また、個々の美しさを生みだせたら、という願いがあります。ことに長い歴史と文化によって育まれてきた日本女性が持つ固有かつ特有の美しさに注目し、様々な観点から個々の魅力を惹きだす挑戦を続けて参ります。直近では、wood jewelry分野に参入、その一助となるべく商品開発に力を注いでいます。「気品を重ねて美しくなる」が底流に流れる大きなコンセプトでもあります。

屋号 TEWOFURU
住所 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲4719-2
電話番号 070-8432-4343
営業時間 平日11時~17時
代表者名 山口 進一郎
E-mail info@tewofuru.com

TEWOFURU 〜テヲフル〜|ファッションジュエリー TEWOFURUでは、ファッション・スポーツ・健康、全てのジャンルでジュエリーを楽しんで頂けるよう、フォーマルシーンやリゾートシーンにぴったりのハイクラスのアイテムから、キャラクターものや西陣織を使った、カジュアルに使えるファッションジュエリーまで、個性と魅力に溢れる幅広いラインナップのジュエリーを取り揃えております。

〒843-0303
佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁5189-1(ショップ&工房)

070-8432-4343

0954-27-7582

平日12時~17時 定休日(月・火・不定期)

MAPを見る
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。