素敵な真珠の話をしていこう5!「バロック」、不規則な真珠が語源

素敵な真珠の話をしていこう5!「バロック」、不規則な真珠が語源

 

ルーブル宮殿、ヴェルサイユ宮殿などが代表とされるバロック建築。光、色彩効果、うねり、立体的、壮麗豪華、円柱形を配した造形などイタリアからフランスそしてドイツ、オーストリアへヨーロッパの劇場的空間を生み、心をとらえていった。

 

16世紀後半から18世紀前半、ヨーロッパ美術界では特異なスタイルが席巻、華麗、荘厳、重量感を感じさえつつも流動的、この独特のスタイルは「バロック様式」と呼ばれる。誰しも耳にしたことがあるでしょう。スペイン語の歪んだいびつな真珠を表すバルエコに由来するという。

 

この単なるジュエリー用語に過ぎなかったものが、「規範からはずれた」「風変りな」といった意味の形容詞として使われ、そのうちにヨーロッパ美術様式を示す言葉として定着した。

 

バロックパールについては、それを海獣や動物に見立て、エナメル細工と組み合わせたジュエリーが流行した。こうした動きを契機として上記の美術様式へといざなわれていったといいます。

 

 

ヨハン・セバスティアン・バッハ

 

がバロック音楽の代表、オペラに始まりバッハに終わるともいわれるらしい。賑やかで多彩。携帯の着信音などに使われる「G線上のアリア」などは彼の代表曲。

バロック真珠を手にするとき、こんな歴史的背景を知っているとまた満足度が違ってくるのではないかと思うのです。

「人魚の涙」とも表現される真珠

ストーリーはまだまだありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

TEWOFURU ~テヲフル~|「それは始まりの合図だ」

TEWOFURU 〜テヲフル〜|ファッションジュエリー

TEWOFURUでは、1300年ジュエリー文化がなかった日本美を尊ぶ一方で、『違いは美しさを育み、未来の扉を開く』という信念の下、企業の理念として『本格本物をもっと身近に』したい、また、個々の美しさを生みだせたら、という願いがあります。ことに長い歴史と文化によって育まれてきた日本女性が持つ固有かつ特有の美しさに注目し、様々な観点から個々の魅力を惹きだす挑戦を続けて参ります。直近では、wood jewelry分野に参入、その一助となるべく商品開発に力を注いでいます。「気品を重ねて美しくなる」が底流に流れる大きなコンセプトでもあります。

屋号 TEWOFURU
住所 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲4719-2
電話番号 070-8432-4343
営業時間 平日11時~17時
代表者名 山口 進一郎
E-mail info@tewofuru.com

TEWOFURU 〜テヲフル〜|ファッションジュエリー TEWOFURUでは、ファッション・スポーツ・健康、全てのジャンルでジュエリーを楽しんで頂けるよう、フォーマルシーンやリゾートシーンにぴったりのハイクラスのアイテムから、キャラクターものや西陣織を使った、カジュアルに使えるファッションジュエリーまで、個性と魅力に溢れる幅広いラインナップのジュエリーを取り揃えております。

〒843-0303
佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁5189-1(ショップ&工房)

070-8432-4343

0954-27-7582

平日12時~17時 定休日(月・火・不定期)

MAPを見る
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.